引っ越しの達人

引越し費用を安く抑えたい!

賢くお引越し

引越しって、どうしても費用がかさみがち。
ですが引越し費用だって、節約できちゃう方法があるんですよ。
思いついた引越し業者に、何となくの日にちを指定して…、なんて手段はとらず、賢い引越しができるといいですね。

引っ越しの達人

費用が安い時期、あるの?

引越しにかかる費用は、もちろん業者によっても違いますが、実は時期によっても変わってきます。
たくさんの人が引っ越しすることの多くなる時期は、費用も高くなりがちなんです。
3月や4月の新生活が始まる時期、8月や9月も、転勤が多くなるので、この時期は費用が高くなる傾向アリです。
2月や10月も、多少引越しする人が多いんですが、かかる費用は平均的。
費用が安い時期はズバリ、1月、5月、6月、7月、11月、12月。
この時期に引っ越しするのが、費用を抑える方法の一つですよ。
引っ越しすることが決まったら、なるべく早めに動いておくと良さそうですね。

費用が安い曜日や時間帯、あるの?

何月に引越しするか決まったら、次に決めるのは何曜日の何時ごろにするのか、です。
何となく自分の都合で決めがちなんですが、ここにも安い費用に抑えておくコツがあります。
まず土日や祝日、休日の前日は混むから費用が高くなる、ということ。
たくさんの人が引越しをする日は、どうしても引越し業者側も人手が必要となるんです。
できれば平日に引越しができるのがベストですね。
お仕事で難しい場合でも有休を取るなどして、なるべく平日を選ぶのがオススメです。
また、月末になると引越しする人が増えるので、その分費用も安いとは言えなくなりそうです。
引越しする人が少ない、月の初めから中旬に日程を絞りましょう。
そして、引越しはやっぱり面倒なもの。
だからこそみんな、午前中に引越しを済ませて片づけたい、と思ってるはずです。
そのため午前中よりも、午後から夕方あたりに依頼すると安いことが多いんですよ。
ただし、引越し作業が押して遅れてくる可能性も高くなるので、それを踏まえておきましょう。
深夜や早朝は割り増し料金がかかるので、避けましょうね。

もっと安い費用で引越しするなら、こんな手段もアリ?

引越しするときには必ず、いくつかの引越し業者から見積もりをとりましょう。
なんと同じ条件でも、業者によって7万円以上の差が出たという場合だってあるんですよ。
そして引越しを安く抑える裏ワザとして、引越し業者を使わないという方法があります。
よく耳にする、費用が安い単身パックよりも、ずっと安く抑えられる可能性が高いんです。
例えば、赤帽は時間限定で軽トラックを貸し出してくれます。
作業員さんも一人、一緒に手伝ってくれるサービスなので、軽トラに載るだけの少ない荷物で、しかも自分も作業するのがOKであれば、オススメです。
ベース料金は11900円からになっていて、2時間以内、20kmまでの移動となっています。
段ボールだけの引っ越しで済みそうなら、はこboonやゆうパックという手もアリ。
段ボール一つ一つに料金がかかるのですが、10個以上で20%割などお得なサービスもあります。
家具も分解できるものはなるべく分解するなど徹底すれば、かなり安い費用になりそうですね。
エアキャップなどは必ず使って、丁寧に梱包するようにしましょう。
また、ヤマトらくらく家財宅急便というものもありますよ。
大きな家財であってもそのサイズで費用が変わり、その段階も9つに分かれているので、無駄な費用はかかりません。
梱包もヤマトがしっかり丁寧にやってくれるので、冷蔵庫や自転車などだけはヤマト家財便、という風に分けて利用するといいですね。